FC2ブログ

チャリが撤去(>_<) 

20080628133823
先週、撤去された愛車を引き取りに…
撤去料で3000円を支払う(x_x;)

最後に
係のおじさんが飴玉をくれた

飴玉の入れ物には
『とっても高い飴、二度と買いに来ないでね』
と書いてある

ちょっと面白い(笑)

スポンサーサイト



クリシン 最終レポート「ピープルエクスプレス」の季節ですな~ 

ブログのアクセス解析でGoogle Analyticsを使っていますが
どんな検索ワードでヒットしてるかが判ります。

ここ数日、
ピープルエクスプレス
急上昇ワードです。

そっか
グロービスのクリティカルシンキングが
最終レポートの季節だ。

最終レポートのケースは
「ピープルエクスプレス」。
ほぼ徹夜で仕上げたなあ‥

今期受講してる人へのアドバイスは‥
いままで習った内容を総動員して‥!

グロービス マーケティング終了! 

いよいよマーケティングのクラスも最終回。
最終回は「セイコーと1980年の時計産業」というケースについてディスカッションだ。

今回は授業中の発言も評価になる、
ってことでハッスルして挙手&発言してきた

授業の後は毎度の飲み会
先生と一緒の机だったので、先生とも色々話せました。
飲み会中も、番外編授業みたいな感じで為になる。


と、まあ3ヶ月のマーケティング・経営戦略のクラスが終わりました。

最後のほうはエナジー不足で勉強会も参加できず。。。
その辺はちょっと反省かな。

7月からはクラスは通わず、
今までの復習&次のステーップへ向けて

爆進します!(←武藤っぽく)

ディズニーランドホテルに泊まって来ました 

来月オープン予定のディズニーランドホテル
ひょんなことからモニター試泊に行ける事になりました

舞浜駅前に聳え立つ巨大なホテル。
部屋数は705室と、ミラコスタ、アンバサダーのディズニー系ホテルと比べても最大。

ホテル内は隅から隅まで、ディズニー色いっぱい。
置物、壁紙、絨毯‥いろんなところにディズニーキャラが隠れている。
エレベータもミッキーの声で案内してくれる

スタッフも凄くたくさんいて、至れり尽くせり。
さすがディズニー‥。

ディズニーランドで遊んで、泊まって、次の日も遊んで‥
という人が多いみたい。
夢の国から、ホテルでも夢覚めず‥と言った感じです。

P6200299
巨大なホテル


P6190259
ライトアップされた姿もきれい。

P6200287
部屋からはシンデレラ城が見えます。

P6200293
お土産売り場にはディズニーグッズがいっぱい。

P6200298
P6190283
いろいろなところにミッキーが隠れています‥

ナショジオワイルドパーク driven by Jeep Cherokee 

チェロキーユーザってことで
友人に誘われ
「ナショジオワイルドパーク driven by Jeep Cherokee@横浜赤レンガ倉庫 」
に行ってきました。

このイベントには
チェロキーのタフさをアピールする走行体験があったり
D1000052   D1000053






アメリカの人気番組から、世界一危険なハ虫類学者「バー教授」の公開授業があったり。。。
D1000049 D1000054




盛りだくさんだけど

◆バー教授のアメリカンなノリ
◆ハ虫類のジャングル感

が、なんとなくチェロキーの雰囲気にマッチしてる。


原油高で最近は出不精な
わが家のチェロキーですが‥
Picture 022
やっぱチェロキーええな‥と思った一日です。

読書メモ ~3年で辞めた若者はどこへ行ったのか~ 

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代

タイトルに惹かれて購入‥
どこへ行ったの???



要するに‥

3年で辞めた若者(=アウトサイダーと本書では呼んでいる)は
終身雇用年功序列といった仕組み(=昭和的価値と呼んでいる)
を抜け出して、
起業、留学、NPOなどなど、自らの道を切り開いている

日本の終身雇用や年功序列といった昭和的システムは既に崩壊している。
これからは自らの意思でキャリアを築いていく、ってのが平成的な生き方。


とまあ、こんな話だが、
あまりに旧来日本のシステムを頭ごなしに否定しているので、
読んでいると暗い気分になる。

それぞれの主張は、うまく理屈が通っているように思うが、
日本が駄目で欧米は良い、という主張に聞こえて
なにやら反抗したくなる‥


そんな一冊です。

吉野家‥ 肉‥少なくないっすか? 

明日から北京出張‥
ということで愛する吉野家へ‥

出てきた牛丼並‥

あら‥‥‥

肉‥少なくない‥‥‥

地肌=ご飯が見えてるし‥‥‥


勇気を出して
店員を呼んで私は言った
肉‥少なくないっすか?

店員は、スピーディに

確認してまいります


戻ってきた牛丼‥
牛丼の肉は若干増えていた





食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉にあるように、吉野家の人件費は高い。


おそらく、吉野家マニュアルには
肉少ないクレーム、への対応があるのだと思う。
あの対応レスポンスは尋常ではなかった





肉の多い少ないで2,3分もめるより
ささっと肉をちょい足すほうが
コストが少ない

みなさんも、肉が少ないと思ったら‥‥試してください。

Go to 北京! 

Go to 北京
オリンピック、バレーボール男子
祝!16年振のオリンピック出場!
アルゼンチン戦‥感動しました。


さて

ひとあし早く
月曜日から、北京出張行って来ます‥
Go to 北京!!!!
ほなほなー

グチを聞いてくれる植物ロボット「ペコッぱ」 

話しかけると、うなずいてくれる植物ロボット
ペコッぱ
というものが発売された。



植物に話しかけるとよく育つ、というのは聞いたことがあるけど
人間が癒してもらうために、植物に話しかけるんですね。。。



このロボットでは
うなずき理論」という技術を用いて、
会話の抑揚やリズムから、うなずくべきタイミングを計算している。

この「うなずき理論」は岡山県立大学の先生が開発したもので、
大学時代に授業を受けたことがあります。

当時、ペコッぱに似た玩具で「うなずきくん」というクマのロボットがあって、
授業中ずっと、先生の横でフムフムとうなずいていたのを覚えています。

ウェブページの切抜きをブログに貼り付ける 

ブログを書いてて

このサイトの写真使いたい

ってときに便利なサービスが

kwout

ウェブページの好きな部分を切り取る

リンクが表示されるので、それをコピペ

でブログにウェブページの写真が貼り付けられる。



例にkwout自身の写真を...

プロレス界をマーケティングしてみよう 

さて
グロービスで勉強したことを‥
身に付けるため‥
私の得意な、プロレス業界についてマーケティングしてみよう!

まずは
内部/外部環境の分析から

今回は、創世記の「みちのくプロレス
を思い出してマーケティングプロセスに当てはめて見たいと思う。

内部/外部環境の分析のフレームとして
SWOT分析
と言うものがある。

組織の外部に潜む
Opportunities(機会)
Threats(脅威)

を踏まえたうえで、
組織の
Strengths(強み)
Weaknesses(弱み)

を評価するフレーム。
それぞれの頭文字をならべてSWOTという。



さて、みちのくプロレス発足当時をイメージしよう

Strengths(強み)
  サスケの空中殺法。
  サスケが東北出身。
Weaknesses(弱み)
  有名レスラーがいないこと。
  大柄なレスラーがいないこと。
Opportunities(機会)
  東北には、それといったエンタテイメントが無かったこと。
Threats(脅威)
  乱立するプロレス団体。
  台頭するUWF系の格闘系団体。



さてSWOT分析で次にすることは
・強みで機会を活用できないか?
・弱みを克服し機会を逃さないためには?
・強みを用いて脅威を克服するためには?
・脅威で弱みを疲れないためには?


コレに対し、みちのくプロレスは以下のような戦略を立てた(はず??)

・強みで機会を活用できないか?
⇒サスケの出身地である東北密着型となることで、で東北の地域エンタテイメントとしての地位を確立。

・弱みを克服し機会を逃さないためには?
⇒ルチャならではのマスクマン採用により無名レスラーでありながら強烈な個性キャラを産んだ。

・強みを用いて脅威を克服するためには?
⇒空中殺法が中心のルチャ系団体とすることで、小柄なレスラーでも迫力ある試合を提供した。

・脅威で弱みを疲れないためには?
⇒今までに無いルチャ団体となることで、UWF系、デスマッチ系、正統派プロレス系と差別化を果たした。



後付けではあるけど、それっぽい気もする‥
ひきつづき、プロレス分析続けてみよう‥


[続く]

定食屋をマーケティング的視点から‥ 

グロービスのマーケティング授業を思い出し‥
何気ない日々をマーケティング的視点で見てみよう‥


先週の土曜日に行って忘れられない食堂があります。
肉屋の正直な食堂


その価格に感激。
800円で、ご飯、味噌汁、サラダ、メインの肉がセット。
しかもご飯はお替り自由

きれいな洋食屋風の内装の店内に入ると
まず食券を購入。
数分でメニューが到着する‥
なんと肉は自分の机のIHコンロで調理する。
肉屋の‥というだけあり味はバッチリ。

この味でこの価格‥そのからくりを
バリューチェーンで分析しよう!




従来の定食屋のバリューチェーン

1.仕入れ
2.注文
3.調理
4.盛り付け
5.配膳
6.会計



これが「肉屋の正直な食堂」のバリューチェーン
では以下のようになっている。

1.仕入れ    ⇒ここには力を入れて良質な肉を調達
2.注文+会計 ⇒食券制により、会計の手間を省きコスト↓
3.盛り付け   ⇒肉を鍋に盛り付けるのみ、手間を省きコスト↓
4.配膳      ⇒盛り付けてすぐ配膳するので客を待たせない
5.調理      ⇒客が調理する。熱々をすぐ食べれるのは良い



・食券によるコスト↓
・客が調理するスタイルによりシェフのコスト↓
⇒低価格

・その分仕入れを強化
⇒高品質な味

・調理⇔配膳の順番の逆転
⇒客を待たせるストレスを低減




んー、何気ない食堂ですが、
こういう視点から見てみるのも面白いものです。