FC2ブログ

今週末も観光~ 

アパートのネットが繋がってないので筆無精ぎみ。

週末はやはり例外なく観光に行ってきました。


土曜日はサッカー観戦
サッカーの試合を見に行くのは初めてなんですが、
いきなりドイツはブンデスリーガ観戦と贅沢!

地元バイエルンミュンヘンの試合。
会場はほとんどバイエルンファンですね-。

試合は1-0でバイエルンが快勝。
あっという間の90分。ただ屋外なんで寒かった-。
soccer1.jpg


日曜日はミュンヘンから北へ180kmほど
ローテンブルクという街へ。

街全体が城壁で囲まれた古い街。
城壁内の狭いエリアに見所が詰まってるので日帰りにはちょうどよかった。
ローテンブルク


おもちゃが有名らしく、ぬいぐるみやクリスマス飾りのお店が多い。
人形博物館のようなところで、お土産に馬のぬいぐるみを買う。
入り口にあった機械仕掛けで動くぬいぐるみの展示が
面白かった。少年心をくすぐるねー。
toy.jpg



メルヘンなお店の後は一転して犯罪博物館なるところへ。
中世の拷問道具などが展示されている。
見るからに痛そうな針の椅子から、辱めの刑のための変なマスクなど。。。


ちなみにローテンブルクへはレンタカーで。
ドイツの高速を時速160kmでかっ飛ばして行ってきました。ひょえー。



おっと、平日は仕事がんばろーう(汗)

スポンサーサイト



ドイツ生活はじまりました 

出張でドイツに来て1週目を過ごしています。
今回はちょっと長期ってことでアパートを借りてます。
想像以上にきれいなアパート。この不況に申し訳ないくらい…

↓ヨーロピアンでおしゃれな感じ
SANY0096.jpg

今週は食材や生活用品などを揃えたり毎日スーパーに通ってます。
今回は同僚も一緒に何人か来てるんで、夜は誰かの部屋で
みんなで料理して…合宿みたい。

仕事の方は…ドイツ人とコラボってのは大変だな…
という感じです。
まあ徐々に慣れていきましょう。

不便なのはアパートのネット回線が開通してなくて
今週はE-Mobileみたいのを同僚で交互に使ってます。


後々、写真とかもアップしていきたいと思います。
乞うご期待!

ドイツ長期出張へ 

来週からドイツ出張に行ってきます
今回はちょっと長くて5ヶ月の予定です。
海外勤務は目標の一つだったので楽しみです!

ただ、この景気なので意外と早く帰国命令が
出そうな気もしますが…

ということでMOTの大学院は前期を休学することにしました。
卒業が遅れるのはイタイですが、海外勤務はせっかくのチャンスと言うことで。
教授もゼミのメンバーも快く送り出してくれました。


もともとなぜ海外勤務に憧れてたかというと、
大学院の時の留学のイメージがあるからだと思います。
あのときはアメリカの授業に一人放り込まれ結構キツかったけど、
その反面いつも以上に頑張れる自分もいました。
長い間目指して実現した留学だったからだと思います。


今回の場合タナボタ的なとこはありますが…
まあせっかく巡ってきたチャンスなので
超濃密な時間を過ごせるよう目一杯頑張ってきます

フラワーロボティクス 松井龍哉氏トークイベント 

ロボットデザイナー松井龍哉氏(フラワーロボティクス)のトークイベントに行ってきました。
デザイナーさんということでロボットの外観とかの話かと思いきや、
ロボットを普及するためのビジネスデザインにも話は至り、非常に興味深いお話でした。

現在のロボット業界は、
・エンジニアの理想
・実現可能な技術
・ホントに必要なロボット
・消費者のロボットイメージ
にどうもギャップがあって上手くビジネスが成立していないように思います。

その点、フラワーロボティクスのマネキンロボット
そのバランスが絶妙だと思います。
見た目もいわゆるロボットっぽいし、技術的にもあまり難しくなく、実際に役に立っている。

あくまで役に立つロボットへのこだわりを感じました。



印象に残ったトコロをピックアップ!

プロダクトデザインは、まず使用シーンから。 使用シーンをイメージすることでどういうデザインが良いかイメージできる。

これはエンジニアにも必要な観点ですね-。
技術だけの自己満足にならないように。

(デザイナー学生に) まず建築を勉強しなさい

建築のデザインは使用シーンをイメージしないと出来ない。
↑の理由で、建築デザインから使用シーンに適したデザインを習得できるとのこと。

ミケランジェロやダヴィンチの作品は 当時の最高テクノロジーを用いていた

石を削ったり運んだり当時の最高テクノロジーを用いていたとのことです。
現代の最高テクノロジーを用いたロボットという芸術。
ロボットをそういう視点で考えたことがなかったので新鮮でした。