FC2ブログ

日本的光景?! 

ドイツでは、、、
漢字とか、アジアン的なものはオシャレに感じられるようです。


ただ、、、
日本人的にはウケる光景もあります。




ようこそいらっしゃいました。
なんで過去形?寿司レストランなのですが。



CIMG5634.jpg
将棋のオブジェなのですが、、、よく見ると、、、
手前側に王将が二つ、、、
強え~!どうやって勝てばいいの…?


あとは、
”有名”ってプリントのTシャツを着てるお兄さんとか、、、


意味不明なのでは
米国勢調査
ってロゴのTシャツとかもありました。


スポンサーサイト



[読書] 肉体マネジメント by 朝原宣治 

最近読んだ本
肉体マネジメント (幻冬舎新書)


元陸上部ってこともあり
陸上選手の本は結構読みます。

今回は100mの朝原選手。北京の4x100mリレーの銅メダルは記憶に新しいですね。

この本では、朝原選手の陸上人生の自伝的なストーリーや、
肉体、そしてメンタルの管理について書かれています。

なにやら浅原選手の人柄が伝わってくる癒し系な一冊です。


印象に残ったフレーズをピックアップ!

北京オリンピックでは未曾有のプレッシャーに見舞われました。 もう一度やれと言われても耐えられそうにありません。 それも引退を決める判断材料となりました。

こんな一流選手でもプレッシャーに耐えられないことってあるんだな。
親近感を感じる。
それと共に普通じゃ感じ慣れない、よ~っぽどな状況だったのを感じます。


海外のコーチに学ぶに当たって何よりも大変だったのは 言葉の壁でした

朝原選手は20代にドイツ、アメリカのコーチの元でトレーニングしています。
陸上のようにシンプルなスポーツでも、、、、言葉の壁。
ドイツでソフトウェア開発している自分も感じます。
けど!!!逆にそんな壁がありつつも海外で修行した朝原選手を見習いたい!



あとは、ストーリー全体から伝わってくる朝原選手の
ほどよい楽観主義とポジティブ精神
見習いたいです。

世界一高い大聖堂@ドイツ 

久しぶりにドイツの観光に行ってきました。
ウルム、というミュンヘンから2時間くらいの街。

ここでスゴイのは世界一高い大聖堂、なんと161メートル!
CIMG7023

イメージし難いけど、、、
東京タワーの展望台が150m
品川駅前のインターシティが145m
そして我が故郷@滋賀、が誇る大観覧車イーゴスが108m

つまり、高いってことです
しかも1300年代から500年かけて建設されたとか、、、

階段で
143mまで登れます。
足がガクガクになるけど、登る価値アリでした。

Androidアプリ開発中 

夜な夜なAndroidアプリを開発中です。

iphoneに押され気味なAndroidですが、、、
開発者の視点からするとAndoridの方がたくさんメリットがあります。



①開発PC
iphone = Macでしか開発できない
Android = Windowsで開発できる。もちろんMacも、さらにLinuxでも。

②開発キット
iphone = 開発キットが有料(約1万円)
Android = 開発キットは無料

③App Storeでの公開
iphone = 公開するには審査が必要(さらに審査基準が不明確?)
Android = 審査なしで公開可能




てな感じで一般人がアプリを作るにはAndoridは凄くありがたい

たくさんの優良アプリが公開される

どんどん便利になる

ってのを期待しますね-。(なぜかAndroidを推す…)



海パンに栓抜き? 

先日ミュンヘンのH&Mで海パンを買いました。

…と、
なぜか栓抜きが標準装備されています。

落っこちないように
ゴムで繋がれ、入れるためのポケットもちゃんとあります。


泳ぎに行ったらビール飲む、、、ってことなのかな???

Android携帯をドイツで見てきた 

最近のマイブームのAndroid携帯
日本では間もなくドコモからリリースですね。

ここヨーロッパでは一足早くVodafone、T-MobileからAndroid携帯が
発売されています。

今朝はミュンヘン市街でVodafoneのHTC Magicを見てきました。



持った感じが思ったよりも小さく、軽い。
手にしっくり来る感じです。


GUIのエフェクトはiphoneの方が若干オシャレに感じます。
が、iphone同様タッチパネルによる操作はやっぱり楽しいです。


ソフトキーボードで文字入力してみたけど、小さいボタンの割には意外とミスタイプしなかったです。
慣れれば特に問題なさそう。
日本語入力は気になるところですが。



あー、日本に帰ったら”買い”ですなー。

携帯電話用 Androidプログラミング 

Googleがリリースした携帯電話用OS”Android”
僕の中でキテます。

初めてのGoogle Androidプログラミング サンプルで学ぶ必須作法と基本手順
なる参考書を手に勉強してるのですが、、、なかなかスゴげです。



Androidがスゴイのは

プログラミングの自由度が高いです
つまりプログラマが好き勝手にイジれる範囲が広いです。



例えば文字入力。
テンキーで文字入力する処理にしても、プログラマが拡張しちゃえます。

Simejiというソフトは、Android標準ではついてない
iphoneみたいなアイウエオが上下左右に出てくる入力(フリック入力というらしい)
を追加してくれます。
これも一般プログラマが作ったソフトです。(スゲー!)


ウヒョー。
おら、ワクワクすっぞー(by悟空)

プール開き! 

ここドイツは日本よりもヒンヤリしてますが…
早くも6月にプール開きです。

日曜に近所のプールを通りがかったところ賑やかに。

思わず海パンに着替えて泳ぎに行きました。
てか海パンが無くて、海パン風の下着で突撃。まあ普通に溶け込めました…

Image654.jpg
ウォータースライダーとかもあって結構いい。

再びドイツ勤務!一週目 

月曜から再びドイツ勤務に戻ってきました。
もう2ヶ月はこっちで働くことになりそうです。
気分入れ替えて、充実した2ヶ月にしよう

プライベートでは卓球がマイブーム。
アパート横に野外の卓球台(コンクリート製、ネットは鉄)があり毎晩やってます。
こちらは夜9時過ぎてもまだ明るいです。
帰る頃には相当上達してそう…

自作ソフトを広める~ピザ投げiアプリから学ぶ~ 

4月に公開したピザ投げiアプリで学んだこと。

自作のソフトとか、ネットで何か広めようと思ったときに大事な順…


1.どこに載せるか

2.見た目。載せたトコで如何に目を惹くか

3.モノ(ゲーム)の質がどれだけ高いか



まず1,2の載せるバショと、目を惹く見た目が無ければ始まらない。
モノ自体は残念ながら二の次です。



ピザ投げiアプリは、瞬間風速でランキング4位まで行きました。

DL数を毎日見てたけど、そのDL数はほぼ9割方掲載されてるバショに左右されてました。

アプリゲットというポータルサイトに載せたけど、始めは新着アプリってことでトップページに載ります。
さらに見た目もまあまあでした。ゲーム画面が結構イケていたこと、何となく分かりやすいネーミングが気を惹いたのでしょう。
だから始めは1日1000DLとか行きました。

しかーし、ゲーム自体の奥が浅すぎました…
世のゲーマーにプレイさせると、簡単に満点が出て。ネットランキングは満点続出。
ゲームの面白味に欠け、評価の投票はイマイチ…。

新着ページから外れ、評価の低さも影響しランキングトップ圏外になってからは、
DL数はガクッと減って1日10DLとか…。


ピザ投げiアプリの場合は
1,2は比較的順調に行ったのですが、3が駄目でした。
強者ゲーマーが集まるサイトに載せるなら、もっと手強いゲームでもよかったでしょう。


結局は、広告とモノが全部揃わないと普及しない訳ですが、、、
同時に広告(ポータルサイト)の影響のデカさも思い知らされました。


興味津々~Android携帯プログラミング 

ドコモから発売予定のAndroid携帯。
Andoridではiphoneみたいに、アプリを追加できるのですが
このアプリが自作できます。

これに早速興味津々。
グーグルマップ、GPSなどと連携できるAPIもあり
何やらイマジネーションが膨らみそうな感じ。

まだ携帯本体は日本で発売されていませんが、すでに開発コミュニティーは盛り上がっています。
日本Androidの会なるものも…早速入会してみました。
参考書も出ており、初めてのGoogle Androidプログラミング サンプルで学ぶ必須作法と基本手順
を買いました。

暇をみつけてシコシコ日曜工作するつもり。
あと、次日本帰ったら(8月くらい?)携帯本体も買うぞー。

優秀賞受賞! ~ピザ投げ映像コンテスト~ 

TBSのデジコン6というサイトで
ピザ投げ映像コンテスト、なるものが開催されました。

渾身の一作を投じたところ…
見事優秀賞を受賞しました!

撮影手伝った頂いた方々ありがとうございます。


↓「ピザ投げ~ドイツ編~」ってのです。