FC2ブログ

2009年は 

2009年は
タナボタ的にドイツ出張が降ってきて、
1月の出張に始まり行ったり来たりで、ほとんどをドイツで過ごした一年でした。

海外勤務は夢だったのでラッキーでした。
ただ学生の時の留学みたいなキラキラを想像していたのとは違いました。おそらく今回の場合はタナボタ的にやってきて、そこまでのプロセスがなかったからかな。

やっぱり何事も自分の志を持って、頑張ってその道を切り開く。そんなプロセスも大事なのかと。
それで開いた道こそがキラキラするのかと思います。

来年はそんなキラキラした道を開いていきたいと思う!

スポンサーサイト



大阪へ 

今日は帰省中。
ちと足を伸ばして大阪観光に。

まず訪れた大阪城は、、、天気が良くてキレイだったけど
、、、年末で閉まっており。。。
P1000075



次は道頓堀のあたりへ。
食い倒れ人形が何やら復活しており、そこのビルで昼ご飯。

繁盛してる串カツ屋があるな、、、と覗いたところ
日本が誇る大食いチャンピオン、ジャイアント白田がオーナーとのこと。
なんと白田氏もホールで接客。デカい!
味も美味しかったです。
P1000099

P1000103

Androidマーケットのトップページに! 

7月から公開してるAndroidアプリ「Mind Map Memo」、、、
最近DLが増えてるなぁ、と思っていたら
Androidマーケットのトップページの注目アプリに載っていた!

androidMarketTopPage.png

クリスマスマーケット@ミュンヘン 

世間はクリスマスシーズン。
ここドイツでは、この季節になると街中にクリスマスマーケットってことで
いろんな屋台が出て賑やかになる。この季節に出張来れたのはちょっとラッキー。

さっそくミュンヘン中心の市庁舎周辺に行ってきました。
なんか何から何まで絵になるなー、と携帯のカメラでパシパシ撮ってきました。





こんな感じで屋台が連なる。
ツリーの飾り、おもちゃ、キャンドルなどなど。
後輩がキャンドルを買いまくってた。1本50ユーロの巨大なのとか。。。羽振りええなあ。





wine.jpg
グリューワインなるものが、この季節のグルメらしい。
温かい赤ワインですね。
マグカップで飲む。外は極寒なので助かる。
こんなマグカップ一杯飲んだら酔うかと思いきやそうでもなかった。




ツリー!
飾り付けはシンプル。その分ホンモノのオーラを漂わす(!?)



あと地元のテレビ局にインタビューされ
ニッポンのクリスマスソングを歌わされました。
「真っ赤なお鼻の~♪トナカイさんは~♪」、、、と。
はたして放映はされたんだろうか。



2009 Myヒット商品ランキング 

今年も暮れになり
"My"ヒット商品ランキングの次期になりました。
昨年はこんな感じ↓
2008 Myヒット商品ランキング


あ、これは僕が今年であったモノたちで
今年発売ってのに限らないのでご了承を。

2009年"My"ヒット商品ランキング

Android携帯
Googleの開発した携帯OS「Android」を積んだ携帯電話。
日本ではドコモがHT-03Aを発売。
これは生活を変えました。
空き時間にRSS読んだり、ブラウジングしたり、、、
Gメールの使い勝手が格段にアップしたし、
あとGoogleカレンダーや携帯でのメモが使えるモノになったので手帳を持ち歩かなくなりました。

それと何よりAndroidアプリを自分で開発できたのが面白かった。
Androidマーケットで公開してる「Mind Map Memo」は現在ダウンロード数1万強。
来年も新たなアプリ開発を目論み中。

Xacti
ハイビジョン動画が手軽に撮れるムービーデジカメ。
動画が思った以上に面白いことに気付いた。
旅行に行ったときとかに10秒程度の動画をパシパシ撮っておいて、
あとから音楽つけて編集して、DVDに焼いてテレビでみると意外と面白い。
音楽があるってのが大きいのかな。

編集はPowerDirectorってソフトで、動画と音楽を選んだら自動でムービー作成してくれる機能を利用してるんで、そんなに手間じゃない。
(ただこのソフトはとても不安定なのでオススメできません)

ヴァイスビア
今年はドイツ出張が長く、ドイツからもランクイン。
いわゆる白ビール。味、香りが豊かで日本のビールとはひと味違ったおいしさ。
ドイツでレストラン行ったら、とりあえずまずはヴァイスビア。
オススメはフランチスカーナー。
ただ日本ではあまり売ってないので、国産の銀河高原ビールがオススメ。これも美味しい!




ゼミ発表 (続き) 

続き
今回のゼミ発表では
僕のサービスロボットに対する興味や問題意識と業界の現状について発表した。

ゼミ内で挙がった議論は…

■サービスロボットの定義

この手の話ではいつも議論になるところで難しい。
実際のところロボットを専門にする人たちでもその定義はバラバラ。
自分のイメージに近いというか説明しやすそうな定義としては

サービスロボットとは
オフィス・家庭・公共空間などで、我々の生活に密着して付加価値サービスを提供してくれるロボット(経済産業省)

ロボットとは
CPU+センサ+アクチュエータ
(産総研)


なんてのがある。



けど
僕がワクワクするやつ、がロボット!
ってのが本音でそう言いたいところ。

今後はもっと具体的に特定のロボットに対象を絞り、
この議論から抜け出したい。

■技術は実用レベルに達してるのか?

これは微妙な回答だけど、Yes and Noと思う。
やっぱり生活環境ってのは複雑でノイズも多く、ロボットが正しく判断して動き回ったりするのは今の技術では難しい。だからYes。
だけど、それは発想次第で回避することも出来ると思う。
①わりきり
お掃除ロボットRoombaがいい例。
部屋の掃除ロボットでは、赤外線やらカメラ使って部屋形状を認識→掃除経路を導出→掃除、
ってのが広くトライされていた。
しかしRoombaでは非常にわりきった考えで
前に進む→壁にぶつかったらランダムに方向転換→前に進む→…
の繰り返し。実際のところそれなりの時間稼働したら、これで十分掃除されている。
ある程度わりきることで技術的にも可能になっちゃうんでしょう。
②デザイン
例えば音声認識技術に関して、これはゲームソフトだけど昔「シーマン」てのがあった。
これのウマイと思うのは、小憎たらしいキャラなので、例え会話が認識できず無視されても何となく許される。これがミッキーマウスとかで話しかけてもガン無視だったらちょっとショック…
あとは、オムロンのネコロボットとアザラシロボットのパロ。
ネコの場合、本物を知ってるから、ムムッなんかリアルじゃない!って声も出てくる。
しかしパロはアザラシを飼ってる人いないから、何がリアルかなんて分からない。パロはパロの独自の世界観でよい。
なんて具合にデザイン一つでユーザの期待するレベルも変わり、必要な技術レベルも変わってくると思う。



あと発表の反省点としては
話したいことがたくさんありすぎると
ついつい質問者の質問に答えず、別のことを話してしまってたり…
まずはハッキリ的確に回答しないとダメですね。

先日のゼミでは... 

先日のゼミではプロジェクトレポート(修論みたいなの)に取り組むに当たって、こんなのやりたいです的な発表をした。

僕の興味はサービスロボットを如何にビジネスとして成功させるか。
数年前からサービスロボットの時代が来る、これからの成長市場と囁かれているが、なかなか商売として成功している企業はない。

続きを読む

今日からドイツ 

またまたドイツ出張です。
ただいま成田。

この時期のミュンヘンはかなり寒そう(>_<)

けど、ドイツと言えばクリスマスマーケットが有名で街のいたるとこにクリスマス飾りとか売ってる屋台(?)が出てるはず。いま六本木ヒルズでもドイツのクリスマスマーケットやってます。ちと楽しみ。

2009国際ロボット展に行ってきた! 

東京ビッグサイトで開催されていた
国際ロボット展(iREX)に行ってきました。

この展示会は半分が産業ロボットで、半分がサービスロボットの展示となっている。

お目当てはサービスロボット。
MOTのプロジェクトレポートでもサービスロボット関連のテーマを考えているので、ここはその情報収集も兼ねて…とばかりに見学&色々お話を聞いてきた。

印象に残ったのは、、、

ビジネスモデルの模索
やはり各社とも、サービスロボットでどうやって儲けるか?
というところに苦心されているようだった。
まだまだ受注生産のような形で、台数としても数十台売れたとか、そういう声が多かった。
ターゲットは大学など教育機関というケースが多いようだった。一般家庭に浸透はまだもう一歩先のよう。
あと多かったのはレンタル。イベント用途などで月数十万でレンタルしているという話も多かった。

大企業or中小企業
ブースを見ていると馬鹿でかい大企業と、とってもコンパクトに構える中小企業と
二極化した景色を感じた。
大企業は社内の豊富な研究費と公的な援助をバックに、研究室っぽく開発されているように感じた。
中小企業は少ない利益でも再三の取れる会社規模で、受託開発などで儲けながら運営しているように感じた。
要は、これまたサービスロボットで儲けるのは大変そうってこと。

推進団体がいっぱい
NEDOを始め、大阪、北九州などロボット事業を推進する団体は多く存在する。
今回の展示会でもブースを構え、様々な展示を行っていた。
中でもNEDOのブースは気合い入ってたな-。
ステージでは時間をおいてロボットのパフォーマンスが行われ、、、レスキューロボットの説明をしていた教授は元岡山大で僕も授業を受けてた先生だったからビックリ!





お好み焼きを焼くロボット。人だかりでよく見えない…


通路にもロボットが転がってる…


ネコロボット。着ぐるみ着せるだけでビックリするほど雰囲気変わる!
(左のがネコの中身のロボット)


(株)ココロのアンドロイド。少ししゃくれてるけどキレイ!